運動習慣のすすめ

先日自分に合ったエクササイズをしましょう、という記事を書きました。しかしそもそも日本では日常に運動を取り入れていく、という意識を持っている人はまだまだ少ないですね。
とある統計によると、フィットネスへの参加率はアメリカ約20%に対し、日本は3.3%しかないそうです。

アメリカでは日本のような “国民皆保険制度” というシステムがないので、医療費が全て自己負担ということから健康への意識が日本より高い、というのは大きな要因だとは思います。
ですがこれはあまりにも低いのではないでしょうか。

運動は身体の健康というのはもちろんですが、精神の健康にもとても大切です。

健康な肉体には健全な精神が宿る、という言葉をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

運動して身体がスッキリすると思考もクリアになり、仕事や家事もはかどります。
それは決して気のせいではなく、交感神経が活性化することで、物事を前向きに捉えられるようになるのです。
他にも心の健康に作用するたくさんのことが脳内で起こります。

もちろんボディラインに変化が起きればそれだけでも高揚感や幸福感で満たされるはずです。

”やった方が良いとは思ってる”

そう思っているならば、ぜひ腰をあげてください。

あなたがやりたいことを、何歳になっても意欲的に楽しむために、身心の健康はとても大切なパーツの一つになります。

なんの運動をしたら良いかわからない、そんな時はご相談くださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP